自分を変えたい「良い夫婦」に成長するためには

スポンサーリンク

私は子供の時、「早く大人になりたい」と思っていました。
10代の時は「早く20代になりたい」、20代になれば30代に…と。
いつも「もっと大人になりたい」と思い続けてきました。
それはいい大人年齢になった今でも抱いています。

 

大人って何なのだろう…?
時々考えてみては、自分の未完成さに気づかされます。
未完成で「変えたい自分」が目について、早く大人になりたいと思うのです。

 

10代では、大人っぽく”見られる”ことばかりを気にして、髪型やお洒落に背伸びしていた気がします。
20代では、仕事がバリバリ出来る先輩や上司に憧れて、知識を得たいと肩肘張っていました。
そして今は穏やかで器の広いお婆ちゃんになりたいと思っています。
身の回りに起こる出来事一つ一つに動じることなく、一つ一つを覚悟と責任をもってこなせる懐深い大人になりたいと思っています。

 

私という一人の人間だけを見ても、憧れ求める自分像は常に変化しています。

 

「自分を変えたい」という欲求は、恐らく人間の本能に備わっているものなのかもしれません。
人は誰でも変化します。
人が変化していくから社会も変化し続けるのです。

 

一方、自分を変えることに不安や恐怖を抱いている方もいます。

 

変わることが怖いのです。
しかし、恐怖心を抱いている方ほど「自分を変えたい」と言う欲求も強いものです。
だから苦しい…。

 

変わるのが怖いという心理の奥には、慣れ親しんだものが「離れて消えてしまう」=「何もなくなってしまう」という怖さからくるようです。

 

今掴んだものを手放したら「何もなくなってしまう」
人もモノも交友関係も…。

 

自分が変わってしまったら「何もなくなってしまう」のでしょうか?

 

夫婦はある一定期間、お互いのことを見て、話しして、「彼(彼女)はこんな人」だと理解して結婚します。
しかし「こんな人」であるのは、その時一瞬で、誰もが常に変化しているのです。

 

恋人同士だった二人が結婚すると、環境が変わります。
環境だけでなく、意識も変わり、行動も変わるでしょう。
家庭を守ろうとする意識、いい夫婦で有ろうとする意識が行動だけでなく、考え方も変えます。

 

仕事でもそうです。
仕事をしていく内に、色々な経験をして、経験によって新たな視点が生まれ、考え方も捉え方も、こなし方も変わっていく。

 

今、夫婦関係がうまくいっていないと感じている方、離婚の二文字が頭によぎっている方は、もしかしたら変わることを恐れているのかもしれませんよ?

 

一度掴んで手に入れたものは、自分を守ってくれるように思えるかもしれません。
しかし、掴んだものを離さないと必死になって掴めば掴む程、周りが見えなくなるものです。

 

何かを掴んだと実感出来るのは、掴んだその瞬間だけ。
後は自然と変わっていきます。それが自然のことなのです。

 

今掴んでいる手を離して心をオープンにしてみましょう。
もしかしたら、掴むことに必死で、夫(妻)のことが見えていなかったのかもしれない。
彼(彼女)の優しさや、存在のありがたさを忘れていたのかもしれない。

 

「自分を変えたい」
そう思われる方は、特別何かにチャレンジする必要はありません。
いつでも何かを掴めるよう、いつでも何かを感じられるよう、いつでも感謝が出来るよう、心の手をフリーにしていればいいのです。

 

そうすれば、自然とあなたは変わっていきます。
あなたが変われば、周りも変わります。
変わったあなたを感じて、心地よいと思える人たちが集まります。
そして夫婦関係も変わります。

 

夫婦も家族もあなた次第なのです。

 

人は誰でも、何歳からでも変わることが出来ます。
自然と変わる刻を自らの心が遮らない限り、いつでも変わり、成長し続けることが出来るのです。

 

そしてそれは、夫婦の成長にも繋がります。

 

あなたは自分を変えたいですか?

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク