離婚ストップ夫婦の信頼関係を取り戻すために必要なこと

スポンサーリンク

あなたは配偶者との離婚を一度でも考えたことはありますか?
それでも離婚をしないのは何故でしょうか?

 

離婚するための準備をしている。
離婚した後のことが不安だから。
離婚するためのエネルギーを考えたらメンドクサイ…等

 

二人の間で「離婚」について話し合ったことがあるかもしれません。
それともあなたが離婚について考えていることを相手は全く気づいていない…
もしくは話し合いすら出来ないくらい冷めきった関係が続いている…。

 

もう「離婚しよう」と気持ちが固まっているなら別ですが、そうでない方は、心のどこかで「もう一度あの頃の二人に戻りたい」と思ってはいませんか?
話し合いをして離婚しないことを選んだお二人なら、二人がそれを望んでいることになります。

 

一度壊れかけた二人の関係を取り戻すには、何が一番大切なのでしょうか?

 

妻が今まで以上に夫の身体を気にかけて、家事に力を入れることですか?
それとも夫が妻をサポートすべく、家事を出来るだけ手伝うことでしょうか?

 

夫婦関係において、これが欠けてしまうと二人の関係が脆くなるというものがあります。
それが「信頼関係」。
信頼関係はどんな人間関係にも成立しているのが理想ですが、なかなか全ての人を信頼出来るなんて方はいないと思います。

 

思いだしてみてください。
あなたが結婚を決めた時、今目の前にいる夫(妻)を信頼出来るから結婚に踏み切れたのではありませんか?

 

誰かと信頼関係を結ぶ時に必要なことがあります。
それは「正直」で「素直」であること。
表現を変えれば、二人が夫(妻)の前で常に正直で素直であれば信頼しあえる関係が出来るのです。
夫婦というのは共に生きていく伴侶です。
夫(妻)を信用することが出来て初めて共に生きることが出来るのではないでしょうか。

 

壊れかけた夫婦関係を取り戻すために一番必要なのは、家事を頑張ることや手伝うことより「信頼関係」を作り上げること。

 

人間関係というのは、夫婦に限らず近しい人だからこそ、甘えが生じてくるもの。
「言わなくてもわかる(察してくれる。察して欲しい)」という甘え。
どんなに親しい関係であっても、その人が考えていることは本人にしかわかりません。

 

些細な会話を大切にしない夫婦の多くが次のような会話をしています。

  • 聞こえているのに聞こえないフリ(答えるのが面倒)
  • 中途半端なものの言い方、行動(意味ありげなそぶり)
  • 遠まわしに言って相手の出方を見る
  • 言葉には出さず態度で示す(不機嫌な態度)

 

 

ご覧頂いたようで、これらは「会話」といっても殆ど実のある会話をしていません。
それどころか、このようなコミュニケーションでは会話すればするほど、夫(妻)に対する疑問や不信感が湧いてきます。
何か隠し事でもしているから?(そんな態度をとるの?)
そんな風に受けとめられる会話だからです。

 

誰でも経験があると思いますが、不信感を一度抱いてしまうと全てが軽い会話に聞こえる。
どこまでが嘘でどこまでが本当なのかもわからなくなる。

 

時々「そんなに俺のことが信用できないのか」と言われる方がいますが、もしかしたらご自身の言動が曖昧なのかもしれません。

 

言葉も態度も素直に伝えるのが一番いいのです。
察して貰って当たり前なんていう甘えは捨てましょう。
お互いに素直に表現しあっていれば、クリアで心がすっきりして、疑問も疑惑も抱かない。

 

目の前の夫(妻)の言葉を素直に受け止められる。
素直な会話は素直に受け止められるのです。

 

いいことも悪いことも素直に表現する。
自分が悪いと思うことは素直に謝る。
シコリが残らない関係=信頼関係を作ります。

 

あなたは素直に表現出来ていますか?
素直さを忘れてしまうと、自分自身でもどれが自分の素直な気持ちなのかもわからなくなってきます。

 

今日からでもあなたの心のままに夫(妻)と向き合ってみませんか。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク