離婚・別れたくない理由はなんですか

スポンサーリンク

年々「離婚」が身近になってきた近年、離婚経験者はそれほど躊躇せず「バツイチです」と公言出来るようになってきました。
近年の離婚率は、既婚者の約30%。約3組の内1組は離婚をする計算になります。
この数字を多いと思いますか?

 

離婚しない.70%を見てみると、これが全て万事順調な夫婦生活とは言えないようです。

 

婚姻状態、一つの家庭でありながら、心は離れてしまっている…場合によっては、生活そのものも全く別のシェアハウス化している「家庭内別居」は3割に上るとも言われています。

 

彼等の殆どは、頭のどこかで「離婚」を考えながらも、様々な理由から「離婚はしない」という結論に至っています。(もしくは結論が出ない状態)

 

「離婚しない」のか、それとも「離婚したくないのか」
どちらかによって、一日を過ごす気持ちが変わってきます。

 

ここでは、後者の「離婚したくない」方たちの別れたくない理由に焦点を当ててお伝えしていきます。

 

夫(妻)を愛している

どんなにすれ違っても、まだ夫(妻)のことを「愛している」方は、例え家庭内別居状態だとしても、別れを決断することは出来ないでしょう。
例え相手から離婚を切り出されたとしても、納得できず承諾出来ないのではないでしょうか。
愛しているなら別れたくないのは当たり前です。
愛しているから、「まだやり直せる」と期待と願望を抱くのも当たり前です。

 

経済的な問題

経済的な問題を理由に「別れたくない」とおっしゃる方の多くは、経済面を夫(妻)に頼っている方。
近年では、結婚や出産をしても働き続ける女性がいる一方、仕事を辞めて家庭に入る女性はまだまだ多いです。
離婚して一人で生活出来る自信がない方は、経済的な理由で「別れたくない」と言う方が多いのですが、実は相手が離婚したい場合、離婚しない理由が経済的な問題だとしたら、ますます二人の間の亀裂が深くなる可能性があります。
自分と別れたくない理由が経済的な問題だと聞かされたら、あなたならどう思いますか?
恐らく「自分はお金だけか…」と思うのではないでしょうか?
そして、益々気持ちが冷めて離婚への決意を強固にしてしまうかもしれません。

 

「経済的な理由でわかれたくない」と相手に言えてしまうあなた自身に、離婚問題を解決するヒントが隠されているかもしれません。

 

子供の問題

子供がいる夫婦に離婚問題が発生した時、大きな問題として占めるのが子供のことなのではないでしょうか。
伴侶に対する気持ちの整理は出来ても、なかなか子供への気持ちの整理は出来ない。
子供を理由に別れたくないと話す方の多くが「子供のため」という言葉を使います。

 

しかし、それは本当に子供のためなのでしょうか?
もしかしたら、ご自身の見栄やプライド、体裁にこだわっているものかもしれません。

 

子供のためと言って、気持ちはすでに離れている夫婦が仮面を装った所で、子供はきっと見抜いています。
本当の意味で「子供のため」と思うなら、二人の関係を何がなんでも修復する努力をする。
子供のために、親の生きる様を見せる。これは、親自身が幸せに生きている背中を見せることです。

 

その結果が離婚に繋がったとしても、いつか子供が大人になった時、理解してもらえるのではないでしょうか。
子供のため?それとも自分のため?
改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

別れたくない理由は夫婦の数だけあるのかもしれません。
しかし「別れたくない」と思えているということは、まだどこかで修復の余地は残っているのかもしれません。

 

「別れたくない」と頑なに別れることを拒むだけでなく、どうすれば二人が修復できるのか…考える時期なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク