「離婚恐怖症」トラウマと日常での障害

スポンサーリンク

「はじめて交際した彼(彼女)と結婚しました」
稀に初恋の相手が夫(妻)という方はいますが、彼等を除いた多くの方は恐らく「別れ」を経験しているでしょう。
好きな人との別れ。恋人との別れ。
別れは切なく、辛く、苦しいものです。

 

そんな恋愛時代の別れも、離婚経験者によれば「まだいい」と言います。
人によって捉え方も感じ方も違うし、比べるものではないのかもしれませんが、一般的に恋人との別れより、離婚はもっと大変だと言われています。

 

誰だって離婚しようと思って結婚した人はいないはずです。
恋人との別れを経験した人も「この人とならこの先一生やっていける」と思って結婚したことでしょう。
未来は永久的に幸せで、結婚した後に再び別れが来るなんて誰が想像したでしょうか。

 

現在「離婚」の二文字が頭から離れないまま夫婦生活を送っている方、すでに離婚が成立した方…
どちらも経験した者でなければ理解できない経験をしてきたでしょう。

 

離婚で苦しんだ方の中には、それがトラウマとなって「離婚恐怖症」を引き起こす方が少なくありません。
離婚恐怖症とは、主に次のような症状です。

  • 好きな人、周りの人を信じる事が出来ない
  • リスクばかり考えてしまう
  • 離婚した後、恋愛も結婚も考えられない。むしろ避けたい。
  • 女(男)としての自信がない
  • 大人として自分はどこか欠けている気がする。

 

離婚恐怖症の辛さは、自分が他人としあわせに暮らし続けるイメージが湧かず、相手から愛されなくなることや、失敗する不安ばかりが頭の中をしめてしまいます。
心のどこかでは「愛されたい」と思いつつ、愛される自分をイメージできないのです。
これは、とても寂しく孤独感をも強くさせます。

 

現在離婚恐怖症を抱えている方は、昔の自分を思いだしてみてください。
好きな人にフラれた時、恋人と別れた時、一瞬でも挫折感、孤独感、寂しさ、辛さを味わったと思います。
そして「もしかしたらもう好きな人は現れないかもしれない」「自分はもう恋愛はこりごり」と思った方もいるはずです。
それでも、忘れた頃に恋愛していませんでしたか?

 

離婚以外の事も含めたら、人間誰も失敗しない人なんていません。
むしろ、失敗した経験や挫折感、悔しさがあるから成功するコツを学んでいくのです。
そして、失敗の後に手に入れた成功は、本当にうれしく、ありがたく、感謝の念が強くなるでしょう。

 

たまたま「離婚」を経験したけれど、それは一つの失敗にすぎません。
「離婚」の事実から一歩ススメないと、自分だけ周りから取り残されたような気持ちにどんどんハマっていくでしょう。

 

恋愛も結婚も、誰もマスター(達人)はいないのです。

 

落ちこぼれても、失敗しても、それでもしてしまうのが「恋愛」です。
心をフリーにして、楽にして、自分のあるがままでいたら、勝手にしてしまうのが「恋」です。
そして、恋をしたら「相手を信じたい」と思うし、「この人と一緒にいたい」と思えるのです。

 

恋愛も結婚も、誰かを信じることも、相手次第ではありません。
それはあなたの心が自由に感じるもの。
頭で決めつけないで感じるものなのです。

 

離婚恐怖症の方は、感じることより思考ばかりが先行してしまいがち。
少し考えることを辞めて、妄想も止めて、頭をフリーにしてみませんか?

 

肩の力を抜いて、頭がリラックスしたら、あなたの新たな人生がはじまりますよ。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク