離婚を考える前に結婚について考えてみよう

スポンサーリンク

今「離婚」の二文字が頭をよぎっている、もしくはもうすでに「離婚」を決意された方。
「離婚」を考えている今の配偶者(夫・妻)と「結婚」すると決めた時、どんな結婚生活を頭に描いていましたか?

 

今回は「離婚」について考える前に、まずは「結婚」について考えてみたいと思います。
今「離婚」に悩む方たちの誰もが結婚した瞬間、しあわせだったのではないでしょうか。
そして、そこから先の未来のしあわせも信じていたはずです。

 

結婚とは

結婚とは「夫婦」「家族」になることです。
一般的に同居し、新たな家庭を共同で協力しながら築くことで、法的に認められている「婚姻」が「結婚」です。

 

一つの家庭を築くということは、本当の意味で自立する一つのきっかけになるのも「結婚」なのかもしれません。
中には「結婚」という形を求めず生涯独身を貫く方もいますが、多くの方が「婚活」するように一度は「結婚」を求めるのではないでしょうか。

 

考えてみると、そもそも全くの他人同士の二人が新たな家庭を築くのです。
これまで育ってきた環境も、そこで培われた価値観、経済観念、生活習慣…全てが違う二人。
単純に考えても簡単でないことはわかりますよね。
簡単ではない=難しいということは、それ相応の努力や忍耐が必要だということ。

 

独身者の夢を壊してしまうかもしれませんが、夢見る夢子のまま結婚生活なんて続けられません。
家庭を築く努力や忍耐を「苦労」と言うのであれば、そんな苦労を共にする相手は「愛する人」でありたいもの。
だって愛していない人と何もすき好んで苦労を共にしようなんて誰も考えないでしょう?
「この人とならやっていける」そう思えることが「結婚」に踏み切るきっかけになるのは当然のことと言えます。

 

最初に夢を壊してしまいましたが、「結婚」は何も苦労ばかりではありません。
一人では味わうことが出来ない「しあわせ」もたくさんあります。

 

生活も苦労も「共にする」ということは、「分かち合う」ということ。
喜びも悲しみも共に分け合って共有するということ。
一人で喜ぶより、二人なら喜びも大きくなるでしょう。
一人で悲しむより、悲しみは和らぐでしょう。
この一人では経験出来ない「他人と分かち合う」究極のシチュエーションの場が「結婚」。

 

そして、「分かち合い」は心を豊かに満たしてくれる作用もあります。

 

多くの方が若い時には自分のためにお金を使い、労力を惜しみなく使います。
しかし、続けていくとある日突然「虚しさ」を覚える方は少なくありません。
人は自分のためだけに生きていると、生きている実感が得づらいのです。
なぜなら、人は他人に「求められたい」生き物だから。

 

同時に「他人のためだけに生きる」ことも心が空虚になってしまいます。
「私は何のために生きているのか」と、心が寂しさでいっぱいになるのです。

 

結婚生活が上手くいき、分かち合いのバランスがとれていると、自然と「自分のため」「他人のため」のバランスもとれていきます。
バランスがとれている時、人の心は豊かに満たされているのです。
この状態をもしかしたら「しあわせ」というのかもしれませんね。
だからこそ「結婚」に憧れ、人は求めるのです。

 

 

自分たちらしさ

心が満たされると、プラスの作用が働きます。
それは、自分の良い所がどんどん表面化していきます。
「分かち合い」が出来ている夫婦は、お互いがお互いの良さを伸ばし合います。
こうなれば自分に自信もつきます。
自信をもつことが出来れば、自分らしく毎日を過ごすことができます。

 

互いに自分らしさを取り戻して「分かち合い」が出来れば、いずれ「自分たちらしい家庭」が築けているもの。

 

これは誰もが夢見ている夫婦像なのかもしれません。

 

今、離婚に悩んでいるあなたへ質問します。

 

あなたはパートナーと結婚する時、どんな未来を夢みていましたか?

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク