離婚を決断する前に計画しておかなければいけないポイント

スポンサーリンク

実際に離婚をしないまでも、「一度は離婚を考えたことがある」という方は多いのではないでしょうか。
結婚生活を続けていれば、様々なことがあり、時には夫(妻)と意見が合わない事や、コミュニケーションがうまく取れない事もあるでしょう。
また、どちらかの隠し事がバレた、浮気がバレたなどのトラブルや、子供の教育、お互いの親族問題など・・・。
「何も起こらない」家族はいない訳で、いい時も悪い時も一緒にいるから夫婦であり家族です。
しかし、頭ではわかっていても、あまりにストレスがたまると
「あぁ、離婚して一人になった方が楽かな~」なんて頭をよぎる事もあるかもしれません。

 

実際に”本気”で離婚を考えたことがある方、実際に離婚をした方にお話を聞くと、「離婚しようかどうしようか…」と悩んでいる時が一番つらかったと皆さまおっしゃいます。
どんな方でも、結婚した時に離婚を考えながら結婚した方なんていないはずですし、誰もが離婚なんて避けられるものなら避けたかったはず。

 

それでも頭によぎる離婚。
離婚を考える一方で、それに伴う影響の大きさに、考えただけでも圧倒され葛藤する毎日。
離婚をしたほうがいい。いや、しないほうがいい…。
考えても考えても答えが出ない葛藤の時間は、自分自身のことだとはいえ、苦しい時間でしょう。

 

最近は離婚も珍しいものではなくなり、「バツイチ」と聞いても「そうなの」で受け止めれます。
恐らく知り合いに一人や二人はバツイチ離婚経験者の方がいるのではないでしょうか。

 

しかし、身近になったとはいえ、離婚は恋人同士の別れのように簡単ではありません。
離婚経験者の言葉で「結婚より離婚のほうがずっとパワーを使う」なんて言葉がありますが、その通りです。

 

すでに気持ちが冷めてしまった夫(妻)と離婚と、離婚に関わる全ての話し合いをしなければならないのです。
更に、離婚後の事も考えなければなりません。
公的な手続きも結婚時より多いでしょう。
すべてを整理するには、莫大のパワーも時間もかかることは予測できます。

 

今離婚を葛藤されている方は、決断する前に今の気持ちを客観視してみましょう。

 

離婚に対する気持ち

  • 相手が離婚したいのであれば離婚してもいいと思っている。
  • 離婚したいと思っているが、相手の気持ちがわからない。もしくは相手が離婚に反対している。
  • 今は離婚しないが、将来的に離婚したいと思っている。

 

この離婚に対する気持ちを明確に客観視することで、次に考えなければならないことが見えてきます。
例えば・・・

  • 「相手が離婚したいなら離婚してもいい」と考える方は、無条件で離婚を承諾するのか、それとも条件をつけてすべて相手が承諾した場合は離婚するのか…

→条件を細かく洗いだして正式な文書を作成する必要があります。

 

  • 相手が離婚に反対している場合は、公的手段(離婚調停、離婚裁判)に出るのか…

→調停や裁判に必要な書類、知識などを得ておく必要があります。

 

  • 将来的に離婚したいと思っている

→理由を含めて、それまでの計画や計算はもちろん、あらゆるケース(相手の出方など)を考えておく必要があります。

 

葛藤している時というのは「離婚しようかどうしようか」ということに注力してしまい、実際に離婚する際に必要な手続きや手段を考えていないことが殆どです。

 

今のご自分の気持ちを客観視することで、そこから紐づいて次に考えなければならないことが見えてきます。

 

離婚をすることは、対外的には「幸せになれなかった」と判断されるかもしれません。
しかし、離婚する当事者たちは少なくとも「幸せになるために離婚した」という自信と意識をもった離婚をしてもらいたいと思います。

 

その為には、じっくり考え、話し合い冷静に「離婚」を決行したいもの。

 

離婚をするのもしないのも、あなた自身の決意が大前提です。

 

結婚が人生を左右する出来ごとなら、離婚だって同じです。
あなたの人生を左右する離婚、決断前に考えておかなければならないことはたくさんあります。

 

焦らずじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク