住居・生活費・子供の事…離婚後の生活設計

スポンサーリンク

離婚を決断した方は、経験されていると思いますが、一言で離婚といっても、その変化に浸る暇もない程慌しい日々が続きます。
離婚するということは、生活の殆どが変わるということ。
離婚を決断してから、離婚するまでに準備をしておかなければ離婚後の生活が保てません。
どこに住む? 生活費は?
離婚手続きを進める一方で、離婚後の生活設計は計画的に立てておきましょう。

 

住居

離婚した場合、どちらか一方もしくは双方が新しい住居を探すことになります。
実家に住むという方は別として、新たに住まいを探す方にとっては、予め決めておきたいもの。

 

新たにアパートやマンションを借りる場合には、敷金・礼金が必要になります。
お子さんがいらっしゃる方にとっては、お子さんの転校も考えられます。
堅実な予算を立てて、それに見合った場所を探しておきましょう。

 

元々不動産を持っていた夫婦の場合、財産分与が出来ます。
不動産名義が誰になっているかを確認し、場合によっては名義変更、権利変動の手続きが必要です。
これらの登記手続きにも費用はかかります。

 

また、もっている不動産のローンが残っていた場合は、今後の返済が負担になるでしょう。
どのように返済するか、不動産を売却することも含めて、よく検討したほうがいいでしょう。

 

 

生活費

離婚するということは、生活が別々になるということ。
つまりは経済的に自立する必要があります。
家庭の主婦をしていた女性にとっては、まず仕事先を見つけることが最優先です。
例え慰謝料や養育費を受け取れるとしても、ある程度の貯金があったとしても、それだけで今後の生活を賄うことは難しいでしょう。
一人になるわけですから、出来るだけ貯金は貯蓄として保持しておいて、家計は働いたお金でやりくり出来るのがベストです。

 

 

子供

お子さんがいらっしゃるご家庭の場合、父子家庭・母子家庭になる方はお子さんの事も考えておく必要があります。
保育園や学校などを調べて、必要に応じて転入する必要があります。
また、働きながらの子育てになりますので、いざという時にあずかって貰える場所を探しておくことも忘れずに。

 

 

必要手続き

離婚に伴い様々な手続きが必要になります。

 

  • 健康保険
  • 年金
  • 免許
  • 郵便局、銀行
  • 子供の学校 等

 

手当などを受給する場合、住所変更や名義変更がされていないと受給できないものがあります。
早目に手続きを済ませるようにしましょう。

 

 

いかがですか?
ざっと挙げただけでもこれだけあります。細かく挙げだしたら、人それぞれにもっと必要なものが出てくるでしょう。
離婚をする前に予め細かく計画していないと、後で大変な思いをすることになりそうです。
離婚はただ別れるだけでなく、生活全てを変えること。

 

大変かもしれませんが新たなスタートが切れるということでもあります。
まず何が必要なのかを明確にあぶり出すこと。そして、優先順位をつけ、するべきことが何かを把握しておく必要があります。
そして目の前のことを一つずつクリアにしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク