不倫から離婚する社会的リスクはどのくらい?

スポンサーリンク

離婚するご夫婦の、離婚理由に「不倫」を挙げる方は少なくありません。
夫婦仲がうまくいっていなくて、冷めきった関係である程、浮気する可能性も高いので当然と言えば当然かもしれません。

 

夫(妻)に隠れて不倫をして離婚を考える人、不倫をされたことで考える人。
逆に不倫をしていても、不倫をされていても、離婚だけは避けたいと考える人。
それぞれのケースや立場によって、考え方は様々です。

 

不倫したことで夫(妻)への愛情が冷めた

元々夫婦関係がうまくいっていなくて、お互いに離婚を考えているケースなら
どちらかの不倫発覚をきっかけに離婚に踏み切ることが多いです。
夫婦として共に生活していることに意味を見いだせず、外に愛情を求めて不倫する。

 

不倫相手に対する愛情が増せば増すほど、冷めきった夫婦関係が無意味に思えてくるようです。
不仲の状況の中での不倫は離婚へのきっかけになりますが、一見夫婦円満な場合は大変です。
「離婚したい」と言いだしたところで、相手にはショック以外の何物でもなく、離婚を認めないケースも多くあります。

 

不倫されたことで夫(妻)への愛情が冷めた

信じていた夫(妻)の不倫がばれた。
その裏切りを知ったことがきっかけで離婚を決意するケースです。
不倫をしている夫(妻)が離婚を望んでいる場合、離婚を望んでいない場合、どちらであっても感情的に物事を進めてはいけません。
浮気をされたとわかった時には、怒りや悲しみ、悔しさ、絶望…色々な感情が湧いてくるでしょう。

 

しかし、怒りの勢いに任せて離婚を進めてしまっては、後々苦労することになり兼ねません。
離婚した後の生活や自分の将来のこと、これからのことをある程度考え、計画を立てた上で離婚に進みたいものです。
そうでなければ、不倫はされるは生活には困るは…で四苦八苦になってしまいます。
裏切られた側だからこそ、自分にとって有利に離婚できるようにしたいものです。

 

不倫相手の離婚を待っている

不倫の場合、夫婦以外の不倫相手が存在します。
夫婦とは別に、この不倫相手が夫婦の離婚を望んでいることがあります。
本気になってしまった場合、離婚しなければ自分のものにならないと思うからです。

 

元々離婚は考えていなかった方が、不倫相手から離婚を切望されることで、離婚を考えはじめる方もいます。
不倫相手の気持ちに応えようとする責任感なのかもしれませんが、実際のところ「離婚する」と言う既婚者程、離婚しないことが多いようです。

 

そもそも夫婦仲がうまくいっていたとしたら?
夫婦仲で心も体も満たされていたとしたら?
不倫という状況に飛び込んだでしょうか?

 

世の中には、どんなに仲の良いパートナーがいても、浮気を繰り返す方もいます。
しかし、多くの場合、夫婦間の溝が埋められていたら、浮気心も封じることが出来ます。

 

それでも不倫をしてしまったという方は、多くのリスクを抱えることになります。
場合によっては社会的にも信頼を欠いてしまうでしょう。
また、離婚も不利になります。
不倫が原因で離婚する方は、殆ど穏便に話しが進みません。
慰謝料を請求され、法的に訴えられることも多く、離婚に至るまでの精神的、肉体的苦痛は相当のものになります。

 

どちらにしても、不倫は自分だけが傷つくことではありません。
関わる全ての人、その周りの人たちまで傷つけることになります。

 

夫婦がうまくいっていないことを理由に不倫に走ってしまうと、後々大変なことになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク