金銭問題で離婚に発展するケース

スポンサーリンク

既婚者が離婚を考えるには、それなりの理由があります。
今離婚を考えている人も、離婚を予想して結婚したわけではありません。
結婚する時には、一生添い遂げるつもりだったし、幸せな夫婦になっている自分たちの姿を思い描いていたことでしょう。

 

それでも、一緒に暮らし始めるとちょっとしたことが積りに積もって、気が付いたらどうにもならない段階まで来ていた。「離婚」という二文字が頭をかすめる…。
多くの方は、ある程度の時間をかけて「離婚」を考えるようになります。
理想的なのは、「離婚」という取り返しのつかない段階になる前に修復出来ればいいのですが、なかなかそうもいかないケースもあるようです。

 

修復が難しいケースの一つとして金銭問題があります。

 

金銭感覚って人それぞれ。
生まれ育った環境や、これまでの経験によって身についている感覚なので、本人はさほど意識しないし、自分の金銭感覚が正しいと思っていることが多いです。
お金にルーズ、お金に細かくてケチ、浪費が激しい、ギャンブル、遊び中心…等、夫や妻のお金の使い方に不満を抱くと、離婚に発展する可能性は高くなります。

 

家庭を築くにも、生活をしていくにも、お金の問題はとても重要です。
二人で予めお互いの金銭感覚について話しをすることが出来ればいいのですが、金銭感覚の違いに気が付くのが抵は結婚した後から。

 

時々、結婚してから相手に借金があることを知ったという方も少なくありません。
借金がある場合は、ゼロからのスタートではなく、マイナスからのスタートになります。
これは生活をしていく上でかなりの負担になりますよね。

 

仮にマイナスな借金がないからと言っても安心は出来ません。
家計を握っている夫や妻が、後先考えずに買い物をしてしまう金銭感覚だとしたら、家計はまわらず行き詰ってしまうでしょう。
お金が回らなくなった時に手を出してしまうのが借金。
後先考えず、将来設計もしない「その時の気分」でお金を使うタイプの方に限って、後処理は他人任せなことが多いのです。
これでは、一緒に生活する家族はやりきれないですよね。

 

最近はできちゃった婚が多い時代です。
子供が出来てから入籍するのはいいのですが、その後の生活のことまで考えている夫婦は少ないように思います。
「なんとかなる」という言葉は、なんとかなる土台があるから言えること。
子供の出産にも経済的な計画は必要不可欠です。

 

後先考えずに子供を産んで経済的に追い詰められる状況になったとしたら、そのしわ寄せは子供に押し寄せます。
子供の生活だけでなく、教育、経済観念…人格にも影響するでしょう。
「家族計画」という言葉を聞いたことはありますか?
妊娠も計画を立ててしましょうというもの。これは肉体的なことだけでなく、経済的なことも含めた子供を育てる環境を考えましょうということなのではないでしょうか。

 

また、金銭問題で離婚を考える方の問題は、離婚成立に限ったことではありません。
家計が廻らない、生活出来ないから離婚を考える一方で、「だから離婚出来ない」という方が多いのです。
「離婚したいけど離婚出来ない」このケースで断トツに多い理由が金銭問題なのです。

 

金銭問題で悩んでいる方は、離婚するにしても、離婚しないにしても、まずは家庭として経済的に自立することを目指したいものです。
浪費癖のある夫(妻)には、財布を預けず、こちらがきっちり計画を立ててその範囲内で使うようにする。
まずはマイナスを無くしてゼロにすることを目的とする。

 

一度マイナスになってしまうと、ゼロにすることなんて不可能のように思えるかもしれません。
しかし、毎日の積み重ねでゼロに出来ると思います。
その為には、しっかりお金を管理出来る人がお財布を握っていなければなりません。

 

そんな家庭内の経済改革すら出来ないようであれば、本当に離婚を考えなければならないかもしれません。
家庭という小さな国の経済を修復するか、それとも破たんさせるか…
それは夫婦にしか出来ないことなのです。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク