別居から離婚で注意する事・プラスになる事

スポンサーリンク

夫婦の離婚問題は、一般的に長い時間をかけて解決(離婚成立)しています。
何もないところからスタートする結婚とは違い、生活が造られた状態からそれを壊すのが離婚。
壊すには整理が必要で、双方それぞれの意見や言い分があるため、なかなか話し合いはスムーズにいかないようです。

 

離婚を決断したということは、気持ちの上では夫婦関係に終止符を打てているということ。
ある意味、愛情がなくなった夫や妻と話し合うこと事態が、ストレスにもなるでしょう。
二人の間で会話があっても、話しが通じない、喧嘩になる…などして、「時間ばかりが過ぎて何も解決していない」と言われる方はとても多いです。

 

一つ屋根の下で同居している程、ついつい感情的になってしまい、冷静な話し合いが出来ない。
それならば別居してしまえば冷静に話し合いが出来るのかもしれない。

 

お互いに頭を冷やすために、敢えて別居をしてから離婚の話し合いをする方も少なくありません。

 

ここで、別居から離婚する時の注意点をお伝えしておきます。

 

別居から離婚 注意すること

芸能人などには「別居結婚」と言って、初めから別居している夫婦もいます。
しかし、法律では夫婦同居が義務付けられています。
「夫婦は一心同体」なんて言われることがありますが、共に生活することでお互いに協力し、助け合い日々暮らしていくものとされています。

 

ということは、別居するような原因を作った側は、法的に責められることになるということ。

 

お互いに合意をした上での別居なら問題はありませんが、一方的に家を出て別居に踏み切るのは、後々離婚に不利になることも考えられます。

 

合意がない状態で家を出ていったあなたが「離婚原因を作った」とされる可能性が高く、万が一、離婚調停や離婚裁判で離婚の話し合いを進める場合は、不利になります。

 

第三者が立ち会う調停や裁判では、客観的な事実が証拠とされるからです。
何故家を出ていったのか…ということを明確に証明出来ない限りは、譲歩されないでしょう。

 

後々の事を考えた時、出来れば「別居の合意書」を文書で残しておくことをおススメします。

 

多くの方は夫婦関係の不仲により、一緒に暮らすことに限界を感じて別居に入ります。
不仲な相手と離婚の話をするのもイヤな程、精神的に追い込まれている方もいます。

 

不仲な相手と「別居の合意書」を作るのは、簡単なことではありません。
そんな時は、家を出た後に内容証明郵便で家を出ること、理由などを送っておくといいです。

 

DVや相手が家に帰ってこないなど、話し合いが物理的に無理なことが原因の場合は、家を出るタイミングで調停に申し立てをしておくのも一つの方法です

 

子供のこと

幼稚園や学校に通っているお子さんがいる場合、別居に伴う転居届の提出が必要になることがあります。
もしも、子供が転校を望んでいない場合は、通える範囲に住居を構える必要があります。

 

一時的な別居と考えているのであれば、実家やウィークリーマンションを利用する方が多いようです。

 

別居は冷却期間

夫婦の不仲から別居をして、冷却期間を置いたことでお互いの大切さを感じ、関係修復に至ったご夫婦はたくさんいます。
別居は、必ずしも離婚するための手段ではなく、関係修復のための手段にもなります。
しかし、あまりにも強硬に行動してしまうと、取り返しのつかないことにもなりますので、十分に注意して行動するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク