増えている若年離婚、再婚のチャンスが広がる?

スポンサーリンク

離婚率の高さで注目されているのが「熟年離婚」
長年連れ添った夫婦が別れるケースは年々増加しています。

 

それと同様に「若年離婚」も増えているのです。
若年離婚の年齢が何歳以上何歳以下とう決まりはありませんが、20代前半までに結婚された方の離婚率がとても高いのです。

 

若者だけではなく、最近は「出来ちゃった婚」も当たり前になっています。
昔であれば「順番が逆で恥ずかしい…」なんて親に文句を言われそうですが、今では堂々と出来ちゃった婚を公に出来る時代になりました。

 

子供が出来た→入籍→出産→結婚式というケースも少なくありません。

 

時代を反映して、近年の結婚式場では、妊婦用のウェディングドレスを数多く揃えているところが多いそうです。

 

歳をある程度重ねた方ならおわかりいただけると思いますが、10代や20代の時の恋愛と、大人になってからの恋愛は違います。

 

「恋に恋する時代」と言われるように、どこかまだ恋愛や結婚に夢見がちな年頃とも言えます。

 

 

いわゆる「できちゃった婚」で結婚したものの、現実の結婚生活は夢とはかけ離れていた…なんてことはよくある話です。

 

妊娠も結婚も見切り発車的と言ってしまえばそれまでですが、「なんとかなる」のは、ある程度自立した大人同士に通用するのかもしれません。
しかし、中には若年で出来ちゃった婚をして、そのまま幸せに家族でいる夫婦もいます。

 

 

特徴的なのは、若年離婚の多くが妻からの申し出による離婚なのです。
これは熟年離婚と一致するところ。

 

・新婚なのに甘えさせてくれない。ラブラブじゃない。
・お金がなくて生活できない。
・こんなはずじゃなかった。
・夫に対する愛情が冷めてしまった。

 

ある意味夫に対して愛想を尽かしたケースです。

 

熟年離婚と違う点は、年齢が若い分、未来に可能性を持っています。
子供がいたとしても、再婚出来る可能性があると思えるなら「どうせ別れるなら早いほうがいい」と決断するのかもしれません。

 

 

中には結婚と同じように見切り発車で離婚し、その後の生活がどうにもならなくて親元に泣きついてしまうケースもありますが、女性の場合は意外としたたかにしっかりやっていっている方が多いようです。

 

対して男性は、離婚の傷や未練を癒せないまま長い時間を過ごす方が多いと聞きます。
男性より過去を振り返らないと言われる女性は、決意したら強いのかもしれませんね。

 

今は「バツイチ」だからと、結婚を反対されたり、非難されることも少ないので、ダメなら早々にきっぱりと別れた方がいいと考えるのもわかるような気がします。

 

 

男と女を比べると、圧倒的に女性のほうが現実的だと言われています。

 

離婚を切り出された男性は、頭の整理がつくまでに時間がかかっても、女性の方はどんどん前に踏み出していく。
特に若年の場合、その差は明らかかもしれません。

 

若年や熟年、年齢に関係なく「離婚」はそれぞれの人生の一つの決断です。

 

決断し、離婚が成立した以上、今以上に幸せになってもらいたいものです。
そのために結婚の失敗(離婚)を糧に未来に歩みだしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク