離婚回避して円満夫婦戻るために必要なポイント

スポンサーリンク

夫婦が離婚を考える時、必ずしも全員が実際に離婚するわけではありません。
結婚生活には、少なからず波風はたつし、人間ですから調子のいい時も悪い時もあります。
同じように夫婦仲も上手くいく時もあれば、噛み合わない時もある。

 

ちょっとしたすれ違いをその都度クリアにしていけば、何も問題はないのですが、この「その都度クリアにする」が中々出来ないご夫婦が多いのです。
気が付いた時には夫婦は離婚問題にまで発展し、この時になって初めて事の重大さに気が付く方は多いのではないでしょうか。

 

離婚が頭をよぎっては見たものの、「出来れば離婚したくない」と離婚回避を望む方は多いでしょう。
縁あって夫婦になった二人、そもそも「一生添い遂げよう」と結婚した二人です。
離婚回避をして再び円満夫婦に戻れる道があるのであれば、もう一度夫婦が向き合うことにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

後悔からの修復

結婚は生活であり、日常です。
だからこそ、ちょっとしたすれ違いも日常の出来事に追われ、見過ごしてしまったり、後回しにしてしまいがち。
気が付いた時には、夫婦の歯車が狂ってしまい、離婚の話まで持ち上がる事態に陥っていた。
多くの方は、このような事態になって初めて「夫婦」のことを直視させられるのかもしれません。

 

「あの時、ああすればよかった」と出来事を振り返って後悔するのも、こんな事態になってからなのかも…。
昔から「後悔先に立たず」とは言いますが、後悔するのは夫婦関係がぎくしゃくした後からよく思うものなのかもしれません。

 

「後悔」とは過去である後ろを振り買った時に悔む気持ちを言いますが、後悔してもどうにも取り戻せないものと、取り戻せるものがあります。
後悔したからこそ見えてくる自己嫌悪や自分自身への嘆き。
こんな想いに捕らわれてしまう後悔の時間というのは、気持ちのよい時間とは言えません。

 

むしろ、後悔して嘆いている時、殆どの方は苦しく辛いと感じるのではないでしょうか。
何故後悔が辛いのかといえば、取り戻せない過去について考えているからです。

 

しかも、後悔の念が湧くと頭からその想いが中々消えません。
「あの時どうしてこうしなかったのだろう」
「あの時ああしていたら…」と、別の自分を想定してはイメージする繰り返し。
その度に自己嫌悪に陥ったり、夫や妻に対する怒りがこみ上げてくる。

 

今、離婚を回避したいと思っている方に知っていただきたいことがあります。
それは、後悔している時間は「今を生きていない」ということ。
後悔している時、あなたの意識は過去だけを見ています。
現実の今から目を離し、未来を見ることもしていないということ。
それはつまり、今現在や未来が益々見えなくなって、不安は増すということなのです。

 

では、何故そこまで後悔に執着してしまうのでしょうか。
大きな後悔の渦が押し寄せる時、多くの方はこう思っているのではないでしょうか。

 

「本当は出来るのにやらなかった」
「あの時気が付いていたのに何もしなかった」
そう、出来ること、その場で解決しようと思えば出来たことを見過ごしていた自分や夫(妻)への憤りの感情。
この時感じる強い憤りが、気持ちを過去へと引き戻してしまいます。

 

後悔の奥に見えるもの

離婚回避に必要なポイントは、この「後悔」との向き合い方です。
罪悪感や憤りにばかり意識が集中してしまいがちですが、そこに執着してしまうと、夫婦関係を修復することは難しいでしょう。
あなた自身が過去に捕らわれてしまっているので、今この時を冷静に見ることが出来ていません。

 

ここで意識して視点を変えてみましょう。
後悔の念の奥から見えることがあるはずなのです。

 

「本当は出来るのにやらなかった」
「あの時気が付いていたのに何もしなかった」
こんな自己嫌悪が湧いているのだとしたら、本当は出来る
それは、後悔していることは本来のあなたの姿を映し出している反面教師ということ。
すなわち、「もっと優しくできたのに」とあなたが後悔しているということは、本来のあなたは“優しい人”なわけです。

 

「もっと話を聴いてあげられたのに」と感じているとしたら、あなたには人の話を上手に聴く才能があるのかもしれません。
「色々してあげたいことがあったのに」と思ったら、あなたはとっても与え上手な人なのかもしれませんね。
(だから、多くの人の後悔は「もっと愛してあげられたのに」なんだろうと思います。誰にも「愛する」という才能はありますから)

 

つまり、あなたが後悔しているのは、あなたは本来自分がもつ才能を使わなかったからであり、逆に後悔は、その才能に気付かせてくれる大きなきっかけになるんじゃないでしょうか?

 

「もっと優しく・・・」と感じるのならば、自分が本当は優しい人間で、でも、怒りや罪悪感、無価値感などから優しくできなかったことを受け入れる時なのかも知れません。
そこで優しくできなかった自分を責める必要はありません。
むしろ、本来優しい人間が優しくできなくなるほどに追い詰められたり、余裕がなかったりしたことを受け入れてあげることの方が偉大なことです。
そうすることで、あなたが持つ本来の優しさはさらに輝きを増すことでしょう。

 

でも、そこで後悔の念(罪悪感や自己嫌悪などのエゴの声)は、あなたの価値や才能ではなく、攻撃の方に意識を向け、過去にあなたを留まらせようとします。
その綱引きに打ち克つためにも、まずは、自分が持つ価値を本当に受け取る必要があります。

 

つまり、自分が優しさをたくさん持った人間であることを受け入れてみるのです。
それは今現在、誰かに優しさを与えてみることでもあります。
隣の席にいる同僚でもいいし、家族や友達でも構いません。
「後悔」が教えてくれた才能・価値を早速試してみるのです。

 

「話を聴いてあげたら・・・」と後悔しているのならば、あなたは今誰の話を聴いてあげたらよいでしょうか?
「もっと愛してあげたら・・・」ならば、あなたが愛せる人は周りにたくさんいるはずですね。

 

心は痛んでも、そのことを信頼しチャレンジすることで、あなたの心には徐々に自信を取り戻す事ができるでしょう。

 

過去にもう一度向き合ってみる

でも、このチャレンジは一時的に執着を高めることもあるかもしれません。
(「今できるのに、なんであのときできなかったんだ」という風に)
その後悔の念が強すぎるときや、もし、まだその勇気や力が十分にないと感じたら、もう一度その出来事に向き合ってみる時期なのかもしれません。

 

実は後悔していることの多くは、きちんとその事実を受け入れられていないことが少なくないのです。
つまり、後悔したり、執着する事で、結果的に現実から目をそむけてしまうこともあるんです。(つまり、その場合「後悔」というのはある種の防衛本能のように働きます)

 

例えば、あなたが「大好きな彼女を些細な一言で傷つけてしまった」とします。
そこで「後悔」は「何てことを言ってしまったんだ。取り返しがもう付かない。彼女は傷ついて、自分のことを嫌いになってしまっただろう」と思わせます。
そして「あの時はこういう風に言えば良かったんだ」とか「今、その言葉を取り消せば間に合うだろうか?」と、彼女のことよりも、それを覆い隠すイメージで自分を慰めようとしたり、何とか取り繕うと策士のようになってしまったりするのです。
それは現実と向き合えているとは言えないのではないでしょうか?

 

そこで現実や過去と向き合うというは「自分の未熟さによって言わずもがなの一言で彼女を傷つけてしまった」という事実を受け入れることであり、「彼女に謝罪する」「友達ネットワークを通じて彼女を慰める」など今できることに意識を集中させることであり、かつ「それでも彼女は自分を許してくれないかもしれない」という覚悟を決める事です。
それは感覚的には過去を向くのではなく、足元を見つめ、顔を上げて未来を見据える態度と言えるでしょう。

 

その段階の一つ一つはとても勇気が要り、強さや器の広さが求められるので、できれば避けて通りたいと感じるかもしれません。
だから、そこから目を逸らすために「後悔」が使われてしまうのでしょう。

 

逆に言えば、そこできちんと過去ではなく、今に向き合うことができるようになれば、後悔の念からも脱却できるようになります。
つまりそれは過去のしがらみから自分を解き放つことであり、過去の痛みから自由になることでもあるのですね。
その時あなたは前向きに現実を受け入れ、そして、相手に対しても自分に対しても謙虚な気持ちで向き合えるはずです。

 

 

後悔が教えてくれること

後悔は、過去に捕らわれてしまうことですが、見方を変えたら「過去ではなく今を見つめよう」というメッセージなのかもしれません。
そして、後悔することで「本来の自分」に気が付かせてくれるのです。

 

本当は気が付くし、出来るあなただということを教えてくれているのです。

 

そう捉えることが出来た時、後悔は新たな自分へのチャンスになるし、素直になるきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

夫婦関係は二人の問題ですが、その為には一人一人が素直になることが大切です。
二人が素直に向き合うためには、後悔が教えてくれることをチャンスに捉えて、今を生きてみましょう。

 

それが何より夫婦の今にとって、未来にとって改善のチャンスになります。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク