離婚の話し合いに応じてくれない5つの理由と対処法

スポンサーリンク

夫婦が離婚するには、双方の合意なくては成立しません。
一方的に「離婚したい」と申し立てても相手が離婚に応じなければ離婚することができません。
それでも、離婚についての話し合いの場が持てるのであれば、離婚出来る可能性もありますが、こじれてしまった場合には話し合いすら応じてくれないケースもあります。

 

こんな時には、まず相手が離婚に応じない理由を考えてみましょう。

 

離婚に応じない理由

あなたに対する愛情がある

あなたに対する愛が残っているため、離婚したくないケースです。
出来れば夫婦関係を良好に戻したいと望んでいます。

 

あなたに対して執着心が強い

愛情というより執着心が強いのは、どちらかと言えば男性に多いようです。

 

妻を自分より下の立場だと捉えているような横柄でプライドが高い男性は、妻から離婚を付きつけられたことでプライドが傷つき、傷つけられたことを受け入れられません。
離婚に至るには、かなり大変な労力と時間が必要なケースかもしれません。

 

社会的体裁を保ちたい

周囲や社会からの目が気になり、離婚することを拒むケースです。
離婚は生活全てが変わります。女性の場合は名前も変わることが殆どですから、当たり前ですが離婚の事はおのずと周知されます。

 

「離婚した」と人から言われること、知られることに不安や抵抗を持つため、例え夫婦仲が上手くいっていなくても、「結婚している」状態を保ちたい一心です。

 

子供のため

親が揃っていることが子供を育てるために絶対に必要だと思っている方は、例え愛情が冷めていたとしても、子供が成長するまで離婚には応じません。

 

経済的な理由

社会経験が少ない主婦にとっては、離婚後の自分の生活が不安です。
経済的な理由から離婚を拒否する方も少なくありません。
この場合、ある程度の経済的な協力をしてあげることで、離婚への話し合いに応じてくれるかもしれません。

 

どうしても二人の間で離婚の話し合いが出来ない場合は、離婚調停を申し立てることで強制的に離婚の話し合いの場をもつことができます。
また、5年位の「別居状態」を続けることで離婚が成立しやすくなります。
これは別居している時間が長い=夫婦関係は壊れていると判断されるからです。

 

離婚調停にしろ、5年の別居で夫婦破たんの事実を作るにしろ、どちらも簡単なことではありません。
二人で話し合いが出来ない以上、法的に認められる「納得出来る材料」が必要なのです。

 

離婚成立するまでの間に、かなりの労力と精神力が必要になるでしょう。

 

「結婚するより離婚するほうが遥かに疲れる」
なんて言葉がありますが、婚姻届を出すときのようにサクサクっとはいかないのが離婚です。

 

夫婦間の話し合いで離婚成立するのが一番いいのでしょうが、お互いの気持ちが納得しない限り成立出来ないのはやむを得ないですね。
「円満離婚しました」なんて言えるのは、芸能人くらいなのかもしません。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク