親権の奪い合い子供がいる場合の離婚

スポンサーリンク

子供がいる夫婦にとって、離婚後の「親権」は重要です。
親権をお互いが譲れず、奪い合いとなるケースも多々あります。
子供にとって、親が離婚することはつらいものですが、もっと辛いのが安心できる居場所がないこと。
親権の奪い合いをしているご夫婦は、子供の前で喧嘩することは避けたいものです。
どちらが親権を取るにしても、それが子供にとって安心出来る環境であることを大前提に決めたいものですね。

 

親権

法律では、夫婦が離婚する際、どちらか一方が親権を持つことが決められています。
親権とは、子供の財産、生活、教育などを管理する義務をもつことを指します。

 

細かく言えば親権には「身上監護権」と「財産管理権」の意味があり、身の上の衣食住、教育、しつけなどを行うと同時に、子供の財産を管理する義務があるということ。

 

子供が複数いる場合は、一人一人に対して親権を指定することになります。

 

 

親権を奪い合っている最中で、子供を手放したくないからと言って、子供を連れて出て行ってしまうケースはとても多いです。
子供を引き離された方が子供の引き渡しを求める場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

 

ただ、子供が幼いケースでは、殆どが母親に親権が指定されるのが現実です。
しかし、母親の生活態度があまりにもだらしなかったり、子供への虐待があるなど、子供の生活への悪影響が明らかな場合は父親に親権が指定されるケースもあります。

 

また、妻が妊娠中に離婚する場合は、自動的に子供の親権は母親に指定されます。

 

では、親権の奪い合いで調停に申し立てした場合、どんな所で親権を決めるのでしょうか?

 

見極められるポイント

 

  • 心身の健康
  • 子供に対する愛情
  • 経済状況
  • 生活環境(住まい・教育)
  • 将来の見通し
  • 子供の年齢
  • 子育てに協力出来る人がいるかどうか…等

 

子供にとってどちらで育つほうが望ましいのかを判断されます。
これは調停員の前できっちり説明する必要があります。

 

子供にとってベストな選択

今は理解できなくても、大人になれば子供も「離婚」を理解する時がくると思います。
万が一親権を取れなかったとしても、いつか理解し合える時がくるのではないでしょうか。

 

子供と離れ離れになったとしても、親として出来ることをする。
それは養育費を支払う、定期的に会う、もしくは子供を不安定にしないように会わない…等。

 

どんな行動をとるべきなのか、どうするのが一番いいのかは言えません。
家庭によって、元夫婦によって、すべて違うケースバイケースだからです。

 

色々な事情や環境があると思いますので、あなた自身にとって一番いい方法というより、子供にとって一番いい方法を選ぶ「冷静な判断」が大切なのかもしれません。

 

そのためには、今現在だけの状況で決めるのではなく、健康で仕事があるいい時のことばかりを考えて決めメルのではなく、将来のあらゆる場面を想定した上で、一番ベストな「今出来ること」を選択すればいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク