離婚した相手と復縁は高いハードル

スポンサーリンク

離婚した相手との復縁は、なかなか高く厳しいハードルがあります。

 

「離婚した」と言っても、理由もケースも様々です。
恋人同士が別れるのとは違い、家庭を壊し、夫婦関係を解消するのですから、生活全てを一旦手放すのが離婚です。
離婚を決意するには、それ相応の時間をかけて悩み抜いた結論のはず。
ある意味、覚悟の上の離婚と言えるでしょう。

 

そんな覚悟をもって離婚された方の場合、再び離婚した相手と復縁するというのは、考えられないこと。
一度結婚した事実があるからこそ難しいのが離婚した相手との復縁なのです。

 

そもそも二人の離婚はどのような形で成立したのでしょうか。

 

  • 相手から一方的に離婚を迫られた
  • 二人で話し合いの上離婚を決めた
  • 調停や裁判で争った上の離婚成立

 

離婚が成立するまでの経緯は様々です。
もし相手から一方的に離婚を迫られたのだとしたら、離婚した後も納得出来ていないのかもしれません。
それでも、離婚届けに記入し、押印した以上、「両者合意」とみなされます。
これは離婚相手から見てもあなたが納得したと捉えるでしょう。

 

どんな経緯で離婚したにせよ、別れた相手はいきなり離婚を決心したわけではありません。
ある程度の期間をかけて、あなたに対する不満が蓄積し、そして最終的には「修復不可能」だと判断したのです。

 

不満がたまり始めてから修復不可能の判断をするには、それ相応の時間がかかったはずです。
もしかしたら、あなたに対してなんらかのアクションを起こしていたかもしれません。
当時のあなたは、それに気が付かなかったか、気が付いても忙しさにかまけて対応せずにやり過ごしてしまったということはありませんか?

 

復縁を望むあなたは、心のどこかでまだ「どうして離婚してしまったのか」と離婚への後悔が残っているのではないでしょうか。

 

離婚したことへの後悔だけに捕らわれていると、あなた自身も相手との関係も先に進むことは出来ません。

 

離婚から復縁する時に、一番高いハードルは何だと思われますか?
相手の気持ちを動かすことですか?

 

実は違います。

 

一番高いハードルは、「自分の過ちを認めること」なのです。

 

どんなに納得がいかない離婚であったとしても、相手に非があったと思えても、あなた自身にも離婚の原因はあったはずです。
自分の過ちを見つめ直し、それを改善しない限りは、復縁に向けて行動したところで望む結果を手にするのは難しいでしょう。

 

離婚相手が、「修復不可能」と判断し離婚したとしたら、それはあなたがあなたの過ちを改善出来ないと判断したことでもあります。
それを「改善している」「改善した」と相手に認めて貰えるようにならない限り、復縁は難しいものになります。

 

復縁に向けて超えるべきハードルは、相手や状況ではありません。
最初に超えなければならないハードルというのは、自分自身にあるのです。

 

これまでの自分自身を振り返り、復縁したい気持ちが本気なんだと認めて貰えるには、あなた自身の変化が必要なのではないでしょうか。

 

あなたにはこのハードルを越える覚悟はありますか?

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク