離婚した理由で変わる復縁の可能性

スポンサーリンク

離婚した行き先は人それぞれ。
中には一方的に相手から離婚をつきつけられ、納得が出来ないまま離婚した方もいます。
離婚に納得できないと、離婚した後も別れた夫や妻への愛情が継続しやすいと言われています。

 

別れるつもりがないのに別れてしまったのですから、気持ちを引きずってしまっても仕方がないのかもしれません。
中には元夫・元妻との復縁を望まれる方もいます。

 

しかし、一度別れた夫婦が再婚するというのは、事例があるにはありますが、早々簡単に復縁出来るとは限りません。
まず、離婚した理由によっても、その可能性は大きく変わります。
更には、離婚した後のお互いの関係も…。

 

ここでは、復縁を望む方のために、復縁の可能性について考えていきたいと思います。

 

可能性はある?ない?

復縁の可能性は婚姻関係に限らず、恋人同士にも言えることです。
まずは、可能性がある場合を見ていきましょう。

 

可能性が高い

取りたい時にいつでも連絡が取れる関係が続いている

本当に嫌いになって別れたのであれば、別れた後に顔を合わせたり、言葉を交わすことも避けるようになるはずです。

 

離婚しても尚、連絡を取り合える関係なのであれば、あなたのことが嫌いになったわけではないという可能性が高いです。
故に復縁の可能性も高いと言えるでしょう。

 

離婚の際に、相手からの批判や要求(慰謝料、財産分与)がない

あなたとの結婚生活において、被害者意識や怒り・恨みがあれば、金銭要求をされることが多いです。
しかし、一切の要求がない場合は、あなたに対する批判や怒りは少ないと言えます。

 

離婚した相手は、離婚後の生活が不安定である

不安定な生活が続くと、人は誰でも心のよりどころとなる人が欲しくなります。
別れたとはいえ、赤の他人よりお互いをよく知る元夫婦。
不安定になっている彼・彼女を支えてあげることで、再びあなたへの愛情を取り戻してくれるかもしれません。

離婚した相手の家族との交流が続いている。また好意的に思われている。

二人の間は離婚という形で終わっても、相手の家族との交流が続いている。また好意的に味方である場合は、復縁の可能性が高まります。
相手の家族が復縁の後押しをしてくれると、実の家族から言われることは、他の誰よりも心に訴えるのではないでしょうか。

 

可能性が低い

離婚相手は離婚後自由気ままに遊び歩いている

離婚したことで自由を謳歌しているということ。
離婚したことを肯定しているが故の行為です。
こんな方はあなたとの再婚どころか、別の方と再婚も当分考えられないかもしれません。
今は一人の自由を楽しみたいという時期なのだと思います。

 

離婚相手は経済的な余裕がある

経済的に余裕があれば、一人で生きる力があります。
結婚生活に窮屈さを感じた方であれば、何も再婚する必要を感じないかもしれません。
それより、自分が稼いだお金を自分の好きなことに使える気楽さを感じているのではないでしょうか。

 

離婚相手には恋人がいる

離婚した後に、すでに相手に恋人がいる場合の復縁は難しいでしょう。
どんな方でも、新たな恋愛がスタートすれば、昔の恋愛も結婚生活も過去のものになります。
相手にとってあなたは過去の人になっている可能性が高いです。

 

熟年離婚した

流行りの熟年離婚をされた方は、長年の計画の上に離婚をするケースが非常に多いのが特徴です。
それだけに、離婚時にはすでに情もなく、気持ちの整理がきっぱりついている方が殆ど。
再婚の可能性が極めて低いのも熟年離婚の特徴と言えます。

 

夫の年収が低い、妻の家事に対するやる気がない

男性の生活力、女性の生活力それぞれが低い場合は、相手は結婚する意味やメリットを見いだせないでしょう。
好きだけど生活がままならないのであれば、敢えて家庭を築こうとしないのは当然といえば当然かもしれません。

 

ここで挙げた可能性以外にも、一般的に女性から離婚を切り出したケースは復縁の可能性か低いと言われています。
女性は気持ちの整理が男性より早く、一旦ケジメをつけてしまうと過去を振り返らない傾向が強いからです。

 

もし今復縁を望んでいる方でも、可能性が低いのであれば、過去の人である離婚相手にしがみついている必要はないのではないでしょうか。
あなたの人生は離婚によって新たステージに移ったのです。

 

ご自分にとって何が幸せなのか…
改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク