生活費や・養育費の問題で離婚に踏み切れない

スポンサーリンク

生活のことを考えると離婚に踏み切れない

 

「離婚したいけれど決心がつかない」
離婚の意思はあるものの、様々な理由で離婚に踏み切ることが出来ない方は大勢います

 

特に女性の場合、離婚に踏み切れない理由の上位にあげられるのが
「離婚後の生活のこと」

 

結婚してから仕事を辞めて専業主婦になっていたとしたら…
子供を産んで子育てに専念し、生活していく経済力を持たない女性の場合は、不安になって当然だと思います。

 

例え離婚した後に、養育費を受け取ることが出来ても、母子家庭の補助金を行政から受け取ることが出来ても、それだけでは生活を賄うことが出来ません。

 

子供の存在で大きく変わる

女性の場合、お子さんがいるかいないかで、その後の生活は大きく変わります。
生活だけでなく、仕事を見つける苦労も違うでしょう。

 

自分一人だけであれば、その気になればなんとでも生きていけます。
アルバイトやパートであっても、やる気さえあれば一人の生活はやっていけるでしょう。
仕事を見つけるのも、お子さんがいる方に比べると比較的簡単に見つかります。

 

しかし、一人でも子供がいた場合は違います。
自分が働いたお金は全て自分のためだけに使える一人身と違って、子供を育てるためのお金になるのです。
養育に関する全てを自分一人で担っていかなければならないのです。
親や親せきが手助けしてくれればいいのですが、誰にも頼れない場合は、かなり大変でしょう。

 

例えば、お子さんが体調を崩した時、急な発熱や病気、学校の行事…等。
その度に仕事を休まなければならないのです。
家庭の事情を理解してくれる職場が見つかればいいのですが、不況の今、突発的な休暇を繰り返されても理解してくれる職場は中々ないものです。

 

子供を抱えながらの今後の生活を考えた時、「夫婦が不仲の今より大変になるかもしれない」と踏みきれない気持ちはわかります。

 

いざ離婚を真剣に考えだすと、考えなければならないことは山積みです。
そして、それに伴う覚悟も中途半端なものでは足りません。
山積みの課題や問題の大きさを知った時、「めんどくさい」と感じる方も少なくありません。

 

「めんどくさい」と感じている内は離婚はできません。
いや、しないでしょう。
夫婦が一緒に生活することのほうが「めんどくさい」と感じた時、恐らく覚悟も決意も固まるのではないでしょうか。

 

夫婦というのはどのご夫婦も色々な問題を抱えています。
恐らく何もない夫婦はいないのではないでしょうか。

 

もし、別れた後の生活を想像した時、今以上に苦しいと感じたり、面倒に感じるのであれば、今は離婚する時期ではないのではないでしょうか。
この時、考えられるのであれば、夫婦修復を試みてはいかがですか?

 

そして、もし「それでも離婚する」と思われたのであれば、どうぞ勇気を出して歩きだしてください。

 

今は漠然とした不安に捕らわれているあなたも、一歩足を前に踏み出せば、目の前のやるべきことが見えてきます。

 

離婚後、輝く女性はたくさんいます。

 

離婚後の生活をただ不安に思うのではなく、具体的に何が不安なのか…
歩きだすと見えてきます。
出来ることはやるしかないのです。
一つずつ、一歩ずつ進めばいいのです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク